長めの動画を投稿したい

この記事をシェアする

撮影

まず、動画を撮影しなくてはなりません。
ここに関しては長めの動画も短めの動画もそんなに変わりません。
長めの動画の場合、撮影時間も長くなります。
何回も取り直しをしているとものすごく時間が掛かってしまうので、集中力とある程度の妥協が必要です。
ミスは編集でどうにかすることができるので安心してください。
編集でカットする部分も出てくるので、撮影は動画の何倍にもなります。
その際に、しっかりと動画でやりたいことが決まっていないと、撮影時間が短くなり動画も短くなってしまいます。
撮影する前にちゃんと企画を立てることが大切です。
短めの動画とは違って、ただなんとなく動画撮影を始めると動画が完成しなくなってしまいますし、面白くなくなってしまいます。

編集

長めの動画には編集が必要です。
ただ撮影した動画を投稿することもできますが、飽きずに最後まで見てもらうには編集で面白くする工夫が必要です。
言っていることがわかりやすいように文字で起こしたり、不要な部分をカットしたりすると動画は見違えるほど見やすくなります。
短い動画ですと編集が要らなかったり、アプリに入っていたりしますが、長めの動画となると本格的な編集が必要です。
アプリ内で編集も投稿もできるアプリはなかなかありません。
一般的に編集アプリで編集してから、投稿アプリで投稿します。
パソコンで編集する人が多いです。
長めの動画を投稿するのは大変ですが、その分やりがいがあったり、人気を集めやすかったりするでしょう。
動画投稿で人気になりたいなら大変な道を選んでみてはどうでしょうか?